スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

にっぽんの、 
ハイカラ商売のはしりは牛肉。

 明治元年。神戸に居留地ができ、外人が住みはじめたころのこと。 かんばんに牛肉商の文字がみえる月下亭。住所は神戸宇治川東とあります。  

「外人がふえると、当然、食習慣の違いが、新商売をうながす。真っ先に要求が出たのが肉。なにしろ、牛肉を食べる習慣がなかったころだけに、在留外国人は困った。伊藤は外人から泣きつかれ、宇治野村の庄屋に頼みこんで村人に屠牛をさせ、供給した。それでも需要に追いつかない。居留地外人がふえてくると需要も激増。明治元年、E・Cキルビーが海岸通りにあった柴六酒蔵の倉を借りて屠殺を始めた。しかし、屠牛場第一号は周辺住民の反対で廃止」 「海鳴りやまず」は昭和50年代、神戸新聞朝刊に連載されていたものをまとめたもの。 執筆者は新聞記者で、内容はほぼ、人物と人物にまつわる出来事で構成されています。 伊藤俊輔が泣きつかれた話もここに書いてあります。 面白い。歴史が染み入るようにわかります。 人間というのは愉快で哀しい、そんな内容がぎっしり。 
 ところがこういう本は間違いなく絶版状態。 古書店やオークションでも探せない。 どこにあるかといえば、図書館です。  先日、神戸市中央図書館の館長と話す機会がありました。神戸市は各区の図書館をきれいにしていく計画が順次進行中で、図書館リニューアルには現代の生活様式を反映するサービスデザインなども盛り込まれますが、大前提となる機能は変わりません。なんとか賞を取った最新本も並ぶことは並びますが、それは本屋でも買える。  
大切な機能のうちのひとつが「地元本」のアーカイブなのです。 ある町のことを調べたければ、その町の図書館へ。 
古びた書籍のどこかのページに、見たことも、聞いたことのない話がみつかる。  


今更ではありますが、図書館は発掘の場、それを楽しむ場、あらためて思いました。 
 図書館へ行ったとき、地元本の書棚を、たまにはのぞいてみましょう。

最新の投稿

人生で必要なものはすべて本からもらう。

小説とは読後、立ち止まって考えてしまうもの。そうありたい。

六甲山でアート散歩

きれいな小説。「半島へ」

日系移民作家ジョー・イデが書いた、すてきなアメリカン・ピカレスク「IQ」

「まぼろしのパン屋」と「岸辺のアルバム」

刀剣女子へ