2009年11月25日水曜日

神戸ビエンナーレ2009

コンテナは東京Dウィークより楽しかったんじゃない? アートイベントだったのがいい。プロダクトデザイン、企業色の強い東京に手詰まり感を感じた。アートは地方の時代。神戸芸工大の先生、ボランティアの方々、お疲れさんでした。

船で海上アートめぐり。

堤防に石。

堤防にコンテナ。

堤防に飲み屋。

船の中で、謎のダンス。




コンテナの中。傾斜カフェもしっかり商売していた。

一風堂本店


さんざん焼酎を飲んだ後の一風堂。合わせスープ。

2009年11月1日日曜日

Designtide東京09+デザイナーズウイーク

エコ・グリーン・廃材・・・
いいけど、ちょっとワンパターン気味?
デザインの祭典はデザインをもっと見たい、ですが。


六本木ミッドタウンの庭では熱気球。ディズニーランドですね。


デザインタイドメイン会場は綿菓子の壁。
子供っぽいけれど、ま、楽しいかな。
展示スペースを犠牲にしてるから、家具系の出展者は、ちょっと困ってました。

時計屋のまどかさん。商売繁盛!

韓国の方々、なかなか的を射た商材。
わざわざ東京へ売り込みに来て、
タイドマーケットにて実現した。笑顔も素敵。



室内の植木が出し入れできる家。これは人気だった。

学生展。木工でどんぐりを作った九産大チーム。現在、一緒にプロジェクトを進めている。


砂のイス。良くできてる。

収穫
プレス用にともらったモレスキンの手帳型収納ケース。
E&Yからリチャード・ハッテンの葉っぱ型マグネット。
アスクル限定ショップのUSBメモリ。仙台の農家が売っていた新米。1kg 100円也。

神戸ユース・ジャズオーケストラ。メンバー募集中

小説「アンフォゲッタブル」には実在のジャズミュージシャンたちが登場します。中高生のジャズ楽団「神戸ユース・ジャズオーケストラ」もそのひとつです。 神戸ユース・ジャズオーケストラ。メンバーとコーチ。 ジャズをテーマに書いたきっかけは、ミュージシャンの広瀬未来・高橋...