投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

FM大阪で紹介されました

イメージ
小説「さくらんぼ同盟」FM大阪で紹介されました。
若宮テイ子と下埜正太の掛け合い、名調子。
掛け合い漫才であります。
音声はチョ作権でアップできないということなので、
写真とテキストで再現です。
テイ子「読書も音楽も美術館も、感じるものって言うのは、ほんと、自分の財産になっていくと思うんですが、正太さんもよく本は読まれてると聞いていますが」

正太「大好きです」
テイ子「最近読んだ本で、何か興味あるのありました?」
正太「てい子さんご存じですかね、さくらんぼ同盟っていう」
テイ子「ちょ、ちょっと待って、くださいよお~(大声)、今日あなたに貸したじゃないですかあ」
正太「表紙と1ページまでしか読んでませんけど、おもしろそうですよ」
テイ子「さくらんぼ同盟。小説家の松宮宏、著(ちょ)でございますね」
正太「ちょ」
テイ子「ちょ、でございます。どんなストーリーかと申しますと、かんたんにご紹介しましょう、ね。死んだはずの男性が、突然暴れ出したんですよ」
正太「ホラーですね」
テイ子「ん~~~~~」
正太「アイアムアヒーローですね」
テイ子「ん~~~~~ はあ?」
正太「ぞきゅん」
テイ子「病院に運ばれました。なぜだ?? 死んだはずなのに・・? その男のあるところから」
正太「あるところ? アダルトですね」
テイ子「違う、腋から」
正太「そういうフェチですね」
テイ子「摘出されたものがございました」
正太「腋汗」
テイ子「それがなんと、お臭いの、くさ~い! 死にそうに臭いんですね。でもその男死んでないんですよ。さくらんぼ状でございます。その死んだはずの男性は快復し、翌日からみるみる元気になっていった。で、新たに同じような患者がその病院に運ばれたわけです。おなじよ~に、腋から、さくらんぼ状のものが摘出されたわけですね。くさ~い(叫)、、どんな小説やねん、て思うでしょ? そのさくらんぼ状のもの、くさいんですけど、魅了されるんです。食べてしまったやつがいるんです。さあ、食べたひとはどうなったか? そっから展開していくんですよねえ。もうびっくりですよ。世界中から、こんどはそんな患者の出現を待ってしまうんですよ」
正太「食べたい人がたくさん?」
テイ子「そうそうそうそう!」
正太「そういう同盟なんですね」
テイ子「もう、世界中から富豪が、俺はこんだけ出す。今度はマフィアも来ます。謎のこの…