投稿

10月, 2009の投稿を表示しています

ヴーヴクリコ@THC

イメージ
トムディクソンによるインスタレーション。




THC(トウキョウヒップスターズクラブ)でシャンペン飲み放題パーティー。
デザインタイドにも参加してます。

縁切り神社 こんぴらさん

イメージ
鳥居をくぐった中はラブホ街。

チョー訳ありの男女が事を済ませ、向かうは奥にある金比羅さん。お札に「切りたい縁」を書き、かまくらみたいなドームに貼り付け、中をくぐる。悪い縁とはさようなら。 ふふふふたりの仲もこの夜限り。おーこわいぃー。

祇園の彼女

イメージ
花見小路末広町西入る上がる。いい感じの路地でしょう。その奥。夏目漱石の「こころ」にも出てくる小径。

花見小路も人はまばら。そんな時代に、スナックを開店。
勇気ある女性。みきさん。
毎日でも行きたいけれど、
祇園に通う甲斐性か・・おきばりやす。

ホルモンヌへ!

イメージ
ほんま、おいしいで〜
西麻布、文文の兄貴分のお店「たまちゃん」場所は大阪北堀江。やっぱ、大阪やし。




ホルモン好きなら、見逃す手はない。名物ホルモン焼き
テツオちゃん。

シアタープロダクツ@東京コレクション

イメージ
会場は裏原宿のVINCENT

テーマは「ボンベイ」
(今、都市の名はムンバイと呼ぶけど、コレクションテーマはボンベイです=ま、ボンベイサファイアとのコラボなので・・)シアタープロダクツが、とてもおしゃれだと想うこの頃。ファストファッションだって、元ネタとしてのコレクションがなければ、空虚なモノマネ。想像力を駆使してクリエイションを続けるふたりを、ずっと応援していきたいですね。
コロニーだった「ボンベイの懐かしさ」をモチーフに、チャーミングなレースが見事。ボンベイサファイア・アイテムを小ネタにして、コレクションは進みました。招待客の顔が、心地よさそうだったのが印象的。プレタを着るような、お金持ちの女性達が、こういう服を着ればいいのに。きっと満足できるはず。
・ちぎれたふるいアンティークレース
・ナミダ型パッチポケット
・ガーゼでくるんだジャケットとベスト
コレクションメニューを見ているだけでも、好奇心がふくらむ。

招待客の入口ではボンベイサファイアのカクテルが振る舞われ、ほろ酔いで観劇気分。どうもでした。

究極のコーヒー飴、自作?

イメージ
丸福でコーヒーを頼むと「深煎りですが、よろしいですか?」と確認される。「はい」と言って出てきたものは、
ブラックコーヒー派としても、かなり苦い。ヘビーだ。
そこで、あまりやらないが、砂糖とフレッシュを入れてみる (ここはミルクをフレッシュ=関西風、と呼ぶ。 ちなみに昭和9年にできた大阪千日前の第一号店、とってもいいですよ!)これも深い。 フレッシュ+砂糖入りのコーヒーとしては最高じゃないの??  カフェ・オーレじゃない。フレッシュ+砂糖入りコーヒー。しかも絶品。

とはいえ、はやりブラックコーヒーを飲みたい、と言う方には (僕のように)
丸福コーヒー絶妙の楽しみ方を伝授。
角砂糖をスプーンに載せ、コーヒーをすくって砂糖を溶かす。 フレッシュをたらしてもいい。
コーヒーはブラックのままでいただく。 スプーンの上で絶妙のコーヒー飴が出来ているので、ときどきなめる。 ストロングで深煎りならではの深み。とってもおいしい。


お持ち帰り用、瓶詰めコーヒー。ミルクパンで暖めて飲む。


+J とてもクール

イメージ
+まぁ、ユニクロだろう、という予想はフィッティングルームで消滅した。着てみたカットソーのシルエットに一目ぼれ、もあるが、フィッティング前の光景が違うことに驚いた。結構「イケてる=いかにもおしゃれな」女性たちが、姿見でシルエットを確かめている。試着しているのはTシャツ、あるいは綿シャツで今まではフィッティング不要のアイテム。その姿を見て、+Jのすごさを感じた。シルエットで買うユニクロの誕生。クールでかっこいい。僕もフードつきのカットソーを着て感激。色違いで買いたかったけれど「おひとりさま一枚限り」と、大人買いはできませんでしたね。メンズのロングコートはココ(新三郷店)にはなかった。場所でMDが違うのね。銀座か渋谷で見よう。シルエットが美しい、しかもシンプルなアイテムを着こなすためには「ボディ」が大切。服が安くても、ジムやエステに金がかかるのかも、とか思いながら、姿見前の女性たちを見る。今の日本の消費動向と合致している。もちろん、普通のTシャツ他は充実。ユニクロにファンデーション市場は獲られたかも。真下に無印良品があるのだけれど、カットソーが安っぽく見えたのは、僕だけじゃないはず。平面裁断の服だから折りたたんで納品されるのだろうけれど、棚出しした商品に折ジワが残っている。これは無印ではずーっと続いているけど、今更ながら気になった。ユニクロが進化したのかもしれない。ルールなのかも知れない。

新三郷のユニクロ 「+J」の売場

連載小説「こいわらい2.0」アメブロで開始

イメージ
小説「こいわらい2.0アメブロにて開始です。書籍を超え、ケータイの軽薄さを超えた、物語の新しい楽しみ方ですね。著者と読者が直接つながりながら、物語の裏もわかる。書籍にはないオフショットや、ブログ独自の表現も込めました。物語の舞台である京都の写真を日々更新。物語の進行とともに京を歩けますよ。数日に一度でOK。訪れてくださいませ。