投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

関西人の支援は元気であること、そして稼ぐこと

16年前の阪神大震災。
震源地から1kmしか離れていない場所に住む
僕と家族は奇跡的に生きていた。
生と死は紙一重だった。
1分の差、5メートルの差・・

数週間経ったことだったろうか、やっとのことで大阪へ出た。
線路がぶっ壊れて電車がなかったので、
メリケンパークから天保山まで船に乗った。


大阪で目にしたこと・・
若い女の子が真っ赤な服を着てヒールで歩いている。
大阪なんてすぐ横だ。それでこの違い。
「悲劇は人ごと」なのだ。
愕然とし、最初は腹も立った。
しかしそのうち、
「これでいい」「こうでなければいけない」
と思うようになった。




ひとりひとりの生活再建は、それぞれがやらなければいけない。
情けをかけられたって、状況が劇的に変わる訳じゃない。


被災地の外の人が、悲劇を共有するあまり活力を失っては困るのだ。
大阪はいつもの大阪らしくて、それでよかったのだ。


今こそ、
関西企業は気合いと脳みそをフル回転して、日本の活力を上げよう。
いっぱい税金を納めて、復興に金をまわそう。


自分にできることのペースを乱さず、元気をなくさず、着実にやること。
それがいちばん、被災者が望むこと。



被災の経験からも言えるし、信念としても言える。


がんばろう、みんな。

地震の映像に涙が止まらない

テレビをつけっぱなしで見ている。

どの映像にも涙が止まらない。

家を津波で流されて

「生きているだけでもよかった」と息を切らせながら話すおばあちゃんに

神戸の経験を思い出してしまう。

ほんとに、生きていることが幸せ。

現場では、そんなことさえ思えないほどたいへんだけど、

大地震を振り返ってみて、強く思う。

命ある限り、精いっぱい生きよう、


助け合って、励まし合ってがんばってください。

京都東山、絶景の地の普通の宴会

イメージ
ペットボトルやら紙コップやら、普通の飲み会ですが、ここは正法寺のお座敷。
窓の外は絶景。
ポコッと白く棒のように光っているのが京都タワーです。
$100万の夜景?? 古都ですから$はないですね。


















夕陽を観る会は毎月開催。一見さんはだめですので、希望者はどうにかして、まず、メンバーと知り合わねばなりません。昔ながらの京都スタイル。とはいえ、mixiもFacebookも紹介制ですから、これは未来永劫続く仕組みということですね。

正法寺解説は以下京都観光Naviより1383年(永徳3)、国阿が、もとこの地にあった天台の別院霊山寺を正法寺に改め、時宗霊山派の本山とした。その後、応仁の乱などで荒廃。天正年間(1573-92)に諸堂を整備したが、現在は本堂(旧歯仏阿弥陀堂)などが残るだけ。本堂に寝釈迦像(室町)、阿弥陀三尊像(平安)、地蔵菩薩像(平安)、雨宝童子像、国阿上人坐像他に滅亡した子院の遺仏を安置。境内には鏡池(山の井)、また、板碑(いたひ)(鎌倉時代)、五輪卒塔婆(そとば)(文保2年)、如意輪観音石仏(室町時代)などがある。また客殿からは眼下に市内が一望でき、遠く大阪城をも望める景勝の地。
建立:1383年9月21日

飛行機で

プレミアムクラスの客が「朝刊はいかがですか?」と聞かれ 「朝日、毎日、読売、日経、スポーツ紙全部」と言った。 客も少なかったので乗務員は全部持ってきた。
隣の客にも「朝刊は?」と聞いた。 するとそっちの客は「産経、産経」と言った。

2度繰り返したのには理由があるのだろうか?
ふたりとも70歳近い男性で、おそらく宮城県の人だ。