投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

小説「アンフォゲッタブル」

イメージ
2019年4月5日「アンフォゲッタブル〜はじまりの街・神戸で生まれる絆」発売となります。
物語はいつものように妄想から組み立てはじめましたが、ドキュメンタリーを脚色した内容も多く、実際の名称、企業名、実名登場の人物への確認をいま(最終段階で)ていねいにやっています。日本のミュージシャン、アメリカのミュージシャン、高砂高校、神戸ユースジャズオーケストラ、神戸高架通商店街、川崎重工業神戸本社、自衛官、花隈地区、行政、さまざまです。

あらすじ

鳥谷書太郎は川崎造船社員で潜水艦の名設計士だったが、コンピュータテクノロジーの進化についていけず、最後は寂しく定年退職する。いらいらを妻にぶつけ、幼稚園児の声がうるさいと怒る。その幼稚園は土地買収にグレーな噂があった。池波安史は解散したやくざ事務所でアルバイトをした経験がある若者だが、幼稚園の土地問題にちょっかいを出す仕事をしたことで、ある筋から見込まれ、大きな不動産取引の忖度仕事を依頼される。それは立ち退き問題で揺れる神戸元町高架下商店街(モトコー)の巨大利権に絡み、暴力団も関わるとんでもない仕事だった。エンジニア、元やくざのバイト、商売人、警察、裏社会、ミュージシャン……さまざまな人間が個人の事情で動きながらも、もめにもめた商店街は生まれ変わり、立ち退き寸前だった神戸の老舗ジャズクラブが生き残ることになった。書太郎もジャズに出会ったことで素晴らしい余生を見つける。それは苦しい半生を歩んできた人たちを見事に救う事になるのである。ジャズが生まれた街神戸のJAZZYな物語。

登場人物

 鳥谷書太郎引退した潜水艦エンジニア
 鳥谷雛子書太郎の妻
 海音寺安史フリーター 元やくざのアルバイト
 池波欽二フリーター 元やくざのアルバイト
 大西結花高校生 神戸ユースジャズオーケストラメンバー
 井ノ原沙紀高校生 神戸ユースジャズオーケストラメンバー
 石山教授大阪大学教授 ロボット工学の権威
 湊巧己指定暴力団湊組二代目組長
 佐合真指定暴力団湊組若中
 二階堂文夫指定暴力団湊組舎弟 イタリアンのシェフ
 広瀬未来ジャズミュージシャン
 高橋知道ジャズミュージシャン
 佐藤栞ジャズミュージシャン 保険の外交員
 内山千鶴ジャズクラブJAMZのオーナー
 小倉良介川崎造船所第四ドック総務部課長
 大城兵庫県警組織対策課警部補
 盛田神戸元町高架下商店街商店会会長
 特別ゲストピー…