投稿

2010の投稿を表示しています

松島遊郭のクリスマス

とてもきれいな映像。
次の順番の女性も、
かたわらで客を呼ぶ、やり手ばばあも、
幻想の中に浮かんでいるよう。
「こいわらい」電子ブック
iTunes App Storeで売り出され、
自分でも電子デバイスでの読書体験開始しました。
自作が最初の電子ブック体験となっているわけです。

で、
気づいたこといろいろ。

1.物語に入り込むと、読書体験そのものは紙と同じ
2.ほとんど移動中に読む
3.それは3G環境である
4.なので、リンクなど時間がかかる仕掛けはめんどくさい
5.とはいえ、デジタルならではの楽しい仕掛けもほしい

という感触・・ということもあり、

昨日マガジンハウスの方々とミーティングし
アプリをアップデートすることにしました。


とりあえず読んでいただいて、アップデートでどこを変えたか、
見ていただくのも一興かも。


あとから来る作家の方にも、参考になる変化かと思います。

もちろん。アップデートは無料配布です。

大阪ミナミのこころ

イメージ
大阪のミナミで宴会。
日頃東京にいると、この町の人なつっこさ、懐かしさは、
こころが忘れていたものを一気に思い出させてくれる。

















ビールを飲まない若者が、初ビールに挑戦。
泡がおいしいと言うと、店員が何度も泡だけを継ぎ足した。
東京ではあり得ん。






















焼肉屋のテレビは「えみちゃんねる」。出演希望のタレントが東京でも順番待ちをしている。


















ミナミのど真ん中にあるホテルモントレ・グラスミア。29階。1泊8~9千円でこの景色。

月いちは、大阪ですな。
いっぱい、栄養補給

いい人生だったと言える記憶。そのために生きよう

一緒に働いていた同僚が亡くなった。
ほんとに、すぐ横で働いていた仲間だ。
突然死で、原因はわからない。
週明けに会社に来たら、もうこの世にいなかった。

人生、まだやることはあったろうに。最期に何を思ったのだろう。


昨夜、NHKの番組プロフェッショナルで「山谷の街で命によりそう」を見た。
流れ流れて山谷、自分の人生を卑下する事しかできなかった老人が、励まされ、
ずっと忘れていた笑顔をとりもどす。
いい事がなかった人生の最期に、
帳尻をちょっとだけでも合わせるため、ホスピスがお手伝いをする。
かぎりなくやさしい話だった。


しあわせってなんだろう、とよく考える。

私の小説「はるよこい」のあとがきに、しあわせの事を書いた。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 のし上がりと没落の物語を書き進めながら、この小説の主題を何度も問い直した。  
 ひとのしあわせってなんだろう、ということである。
 阪神大震災のその日、僕は東京へ向かうため、JR垂水駅で立っていた。明石海峡を臨むその駅は、まさに震源地に立つ駅であった。
まだ日も昇らぬ早朝、5時46分。海峡の方向が鮮やかな緑色に光った。少なくとも僕の中には光の記憶がある。とんでもない「何か」が海のほうから来た。「何か」は轟音とともに大槌の一撃を駅に食らわせ、一瞬で僕の背中の方へ抜けていった。一歩たりとも動くことさえできない大爆発。土けむりがしょわーっと立ち上り、闇が残された。
 僕は生きていた。震源地なのでウエーブがまだ小さかったらしい。それがどんな規模のものかはまったくわからなかった。あとで、同僚の夫婦が亡くなったことを知った。多くの仲間が言葉にならない経験をした事も知った。
 我が家のマンションは、何とかがんばって立ってくれていたが、家の中は食器や瓶や本やおもちゃやら、あらゆるものが吹っ飛び、ふとんで寝ていた妻とふたりの息子に降り注いでいた。妻は絶叫していたらしい。
 そんな状況であったが、息子達は元気だった。三歳になる長男は、「ウルトラマンが来た」と目を輝かせて騒ぎ、一歳の次男は全く動じず、熟睡していた。
 朝日が差し込みはじめた部屋にそんな風景があった。それはこころが痛いほどいとおしく、可憐な景色だった。「生」とはあまりにもみずみずしい。

 地震の経験で得たのは「人生は一度きり」という、ピュアでシンプルな気持ちだ。
 せいいっぱい生きて、悔い…

青空の下で限定本販売中

イメージ
今日11/28(日)も青山コモンズ(都会の里山:青山)。国連大学前で開催。天気も快晴。
青山ブックセンターさんの「こいわらい」限定本販売ブースも営業。僕もおりますヨ。15:30からはNHK「ドラマこいわらい」の追加上映会。観たい方は書籍ブースを訪ねてください。では、お待ちしてます。

メグルと大阪散歩

イメージ
大阪にメグルを連れて行きました。といっても「こいわらい」のポストカードを、道頓堀のグリコの前にかざしてみただけですが、これが面白い。AR(アナログリアリティ!)です。次はくいだおれ。くいだおれ人形は健在。大阪といえばフグ。づぼらや。たむけんがいた。こういうのにいそがしい芸人さんですな。そのあとは酒好きのメグルを連れ、法善寺横町へ。まだ明るい!

ほろ酔いで心斎橋。クリスマスイルミネーションとこいわらい

幼児がえりと心

「認知症」の母が77歳で逝った。
逝ったと言うより「果てた」という言葉が似合うような最期だった。
まわりに迷惑をかけまくっていたが、
本人の頭の中は無邪気な幼児の心・・花園になってたんじゃないかと思う。
ペットと同じ。
可愛いと思えば可愛い、ウザいと思えば果てしなくウザい。
自分のしたいことしか言わない。
やりたいことはそれが泥棒であれ、破壊であれ、脳が命じるまま行動に移す。
一年前、完全に世間と折り合いがつかなくなり、行政命令の形で病院送りとなった。

人間の場合は愛で支えられない部分がとても多い。実の親ならなおさら。
愛してやりたい。できるだけの事は誰でもしたい。
でも限界がある。限界をはるかに超える。

母の場合はもともとの性格である「気にしぃ」が増幅して
不安神経症になり、自律神経失調症も重なり、
同時に物理的な脳の破壊が進んで、回復することなく最期まで突き進んだ。
末期の二週間は食べることを拒否した。
担当医もどうして食べないのか不明だと言ったがそのまま二週間絶食し、
からだから脂肪とタンパク質が抜けきって心臓が止まった。
老衰状態までからだをすり減らし、そして果てたのだ。

連れ合いと、仲がよかった妹と矢継ぎ早に亡くし、がっかりしていた。
うつ〜神経症〜認知症と進み、最期は妄想へ逃避したのかもしれない。

死に顔はとても安らかだった。
永遠の夢を見てほしい。

心ってなんだろう。心はどこへ行くのだろう、といつも考える。
答えはないし、誰かに答えを求めようとも思わない。

今を精いっぱい生きよう。
Live this moment
最期に「いい人生だった」と言うために。
合掌

Macbook Air11かiPad・・について

買う気満々で、アップルストアにMacbook Airを触りに行った。小さくて軽いのに、旧来のネットブックみたいな存在の軽さはない。じつにしっかりと、そこに存在している。触ってみて際だったのがiPadとの違い。サイズ的に「どちらを買うか?」と、思う人も多いとは思うが、この二つは別物。「体験レベル」が違うんですよ。Steve Jobsが言うことに、リアルに納得。
Macbook Air 11はタテは短いが幅はじゅうぶん。画面の狭さを意識しない。それで1kgちょっとで¥88,800。お店のスタッフも言っていたが、価値と価格のバランスで、これまでのベストパフォーマンスだと思う。iPadはiPadで、A4プロセッサーに最適化されたSafariはPCのブラウジングよりず〜と早い。ほんと、よくできてる。
Macbook Air 11とiPadは最安値モデルが僕的にはベストチョイス。先に発売されたMacbook Proのプロセッサーが上級仕様、あとで出たMacbook Airが1.4mhにもかかわらず最新SSDでアクセスが高速なのはバランスがとれていて、3ヶ月前にMacbook Pro13 を買ったばかりなんですが、買ったことを後悔させない。(先のMacbook Airを買った人は悔しいだろうけど、あれを先物買いで買った方はお金持ちが多い=僕の友人達もそういう人ばかり=また買うだけ)
・・)
この3台は気持ちよく使い分けられる。ProにAdobe系と編集ソフトを入れ、Macbook Airはネット端末、iPadは愉しみの小道具。
「こいわらい」の電子書籍が今月末発売になる。まずはアップルのiPhoneとiPadで出す。

書きかけの原稿はDropboxに置いているので、持ち歩く端末にかかわらず書き続けられる。
完成品をクラウドに置いておいて、読む経験を共有する時代も目の前にやってきた。

楽しくて仕方がない。

読書体験のクラウド化

これ、すごい!
「アマゾンが Kindle の発売によって実現したのは「持ち歩ける電子書籍」です。しかし実はそれよりもはるかに重要なのが、同時に行った「本のクラウド化」です。」(マガジン航:川添歩 http://www.dotbook.jp/magazine-k/2010/03/19/cloud_reading/


「アマゾンは、その本のデータ(の複製)を売るのではなく、それを「参照する権利」と、データに「自分専用のデータを付加する権利」を同時に売っているので す。「本を所有すること」ではなく「読書をすること」そのものを売っているのです。したがって、より正確には、本がクラウド化されたというよりも、読書体 験そのものがクラウド化されたと言うべきでしょう。これは、本の歴史、読書の歴史にとって、とても大きなできごとです。」

そうなんですよ! さらに
「今、同じ本の同じページを読んでいる、どこかのだれか」と、読書体験を共有することができます。他人の下線やメモにコメントをすることもしくみ次 第で可能ですから、そうすると自分の読書行為がその場で「読書会」にもなりえます。誰かほかの人と、同じ時間に、同じ本を読むというのもまた、これまで日 常的にはあまり持ち得なかった読書体験として、新しい楽しみになるでしょう。」「もちろんリアルタイムでなく、タイムシフトしてもいいのです。かつて学校の図書館で本を借りると、その本に付されている貸出票には、それまでにその 本を借りた人の名前と年月日が連なっていました。それを見て、会ったことのない先輩たちに不思議な共感を覚えたものでした。読書体験の共有化は、そうした 感覚をずっと深めることになるでしょうし、同時に、同じ本への異なるアプローチを追体験することで、その本への理解もずっと深まることでしょう。」僕がとってもやりたい「書き方」に「フーガ」がある。フーガはバッハの楽曲に特徴的な構成。ピアノで言えば右手と左手があるときは強調し、あるときは別の生き物として動き、最後は見事に収束する。左手=リズム、右手=メロディーといった単純なものじゃないので、何度聞いても飽きない。文章でも「フーガ」ができると思って、いつも頭の中で組み立てては消している。もちろん、同位置平面上に書ききる文章としての完成度あってのことだけでど、クラウドみたいな、時間移動、タグ、体験の共有、というマ…

こいわらいドラマ完成間近

イメージ
いよいよ来月11/22、
小説「こいわらい」のドラマ公開。
ドラマ化に伴って、ポータルサイトが完成しました。

http://koiwarai.jp

NHKテレビドラマと連動した、おもしろコンテンツ満載のウェブサイトになります。放送日程に制作メイキング、アニメ、日記、チーム一丸となって支えてくれる青山学院大学チームの撮影AD体験記、主演女優をイメージしたファッションブログなど、いろんな視点から、いろんな人が語ってます。いやはや、チームというのはいいねぇ。小説を書くことは孤独な自分自身の脳内活動。妄想と妄想のぶつかりあい。映像制作はとにかく人が多いし、それぞれの局面が、何から何まで面白い。とにかく、本日より、「こいわらい」情報はこのポータルから
写真は青山学院大学での撮影風景

錦市場の冬景色

イメージ
ひと月ちょっとなのに、ブログは前回のビアガーデンから一気に冬の話。日本から四季が消えつつあるのはえらいことですね。(俳人さんも困りますな)。




















とにかく寒ぅございます。コンビニでもおでんの売上が急増しているみたいですが、京都にいると錦市場のこの湯気を思い出して「行かんといかん」とか、せぇてしまうわけです。関西ではおでんを関東炊き(かんとだき)というのですが、ここは練り物の天ぷらをあつあつで盛ってる、ま、錦名物。ええ感じでしょ。

上七軒ビアガーデン

イメージ
京都五花街のひとつ上七軒歌舞練場のビアガーデン。まだまだ盛況。あついしなぁ〜


お座敷遊びと京都未来塾

イメージ
祇園東のお茶屋「富菊」さんで、女性のためのお座敷遊び入門というのに呼んでいただきました。日本でもはや6人しかいない幇間(たいこもち)の喜久次さんが、年間を多してこの「講座」を開いており、この日はその紹介もかねて岐阜から京都へやってきました。
女将さんは「富菊」の娘さんですが、他の仕事をしていて家業に戻られましたが、昨今の経済状況ですからお茶屋ならずとも運営はたいへん。いろいろと活性化を考えようと、京都未来塾に参加したそうです。

京都に幇間さんがいたのは戦前までで、京都では絶滅したそうです。「いまも絶滅危惧種」と喜久次さんは「トキ顔」でおっしゃっておられました。参加者は友人でもあり、現在京都未来塾に参加しているメンバーが中心。京都未来塾とは何らかの縁で京都に住むことになった人たちが、しっかり京都のことを説明できるように、また外から来た人ならではの京都への愛着を、伝えていきたいという集まりということで活動は始まったばかり。勉強やらお稽古やら励んでおられます。沖縄出身のしほさんは京都の骨董屋に嫁ぎ、人生がぐるぐる回っている最中です。旅館の支配人としてお勤めの方、旅館「炭屋」で働き始めた若者が座敷にちょこんと座り、お座敷芸など、喜久次さんが実演、解説してくれました。

さてお座敷芸。超初心者向けの「行司ゲーム」「こんぴらふねふね」と、単純でたわいのない遊びも三味線で小唄の伴奏がつけばそこは京都。日本の美。


飲んで飲ませて踊って笑って・・デザートは岐阜のお土産「あゆ菓子」と京都ならではの内輪話。祇園さんのおちごさんはどこの誰で、お掛かり(経費)はいくらやったとか、人を持ち上げ、落として、ふふふと笑います。
小説「こいわらい」の舞台はまさにこのへん。ご縁ができたのでちょいちょい通わせてもらいます。続編にはきっと登場しますね。たぶん、青蓮院と地下トンネルでつないで、悪者が行き来する設定です。女将さん、すみません、庭に穴掘ります。

均質化世界から抜けだそう

イメージ
【(C) FIFA/FIFA via Getty Image】

スポーツジャーナリストSergio Levinskyの記事を読んで、どうしたものか、と思った。
南アフリカで苦戦する強豪国
「サッカーが均一化している。いまやどの国でも、主力級の選手は欧州リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)に集中している。選手たちはこれらのサークルの中で、循環しているにすぎない。志向するサッカーが似てくるのは必然」

今年の4月、たまたまミラノにいて、チャンピオンズリーグ準決勝をスポーツバーで観た。
最初からバルセロナのうまさが目立ち、バーの客もあきらめ顔で、インテルが勝つとは思っていなかったようだった。
実際インテルが最初に点を取ったとき、客は騒ぐでもなく「へ〜、取ったよ」みたない感じだった。そしてインテルが勝った。
後で記事を読んだが、
「ポゼッションによる攻撃サッカーを信条とするバルセロナと対峙(たいじ)した時、監督が選手たちに指示したのが、統率の取れた守備からのカウンターだった。この方法で、インテルはヨーロッパチャンピオンに輝いた」

そして、日本vsオランダ戦
個に差があるチームでも、戦術で接戦に持ち込める。間違わなければ大負けはしない。

これは時代だ。

店舗デザインのディレクターなる仕事をしているが、議論するのは既成の枠を出ない仮説だ。がんばってはいるが仮説に個性がなく、実現したものに既視感はぬぐえない。マーケティング指向が強く、仮説・検証・修正を回すまじめな日本スタイルは結果として個性を失わせ、自由裁量を認めない法律群が建物を街のゴミに変えている。

と、ここのところ思っていたが、
日本だけじゃない。これは世界中で起こっている。さまざまな局面で起こっている。

サッカーでも研究に研究を重ね、見つけた回答が日本の戦い方であり,インテルの戦い方だ。

「勝てないより、負けたくない」

商売も政治も行政も、同じような精神構造の上に乗っかっている。

パリにもスターバックスができ、昔ながらのカフェが減っている。レアールに人があるれる光景はロンドンのピカデリーかと思ってしまう。東京もソウルも上海も、街の景色は同じだ。

しかし、ここで問わねばならない。

「退屈なのは世界か、自分か?」

ファンタジスタのあやつるゲームは楽しい。たとえ負けても。

言うはやすし、行うは難しだが、少なくとも自分はそのつもりでいる。

脳みそを妄…

名作「オーケストラ!」

イメージ
うそからはじまる奇跡。
どきどき、はらはら、笑って泣いて。最後は感動のうず。ほんとうによかった。久しぶり。映画っていいなぁ。
なんとまぁ怪しい元ボリショイ楽団員達。
救急車のアルバイト運転手、ポルノ映画の制作者、ジプシー裏社会を仕切る親分・・30年間にわたる貧乏生活でみんな金の亡者と化している。
再結成したうそ楽団マネージャーにはソビエト連邦復活を夢見る超左翼のオヤジ。
そして出生の秘密を抱える美しいソリスト、アンヌ・マリー。
一生懸命生きても、どうしようもない挫折だってある。しかし芸術は狂気。
突き動かされる何かを求めて求めて、求めやまない。
ユダヤの人達が過去に受けた悲しみを僕が簡単に理解できるはずもないが、その深さと重さは心にしみる。
ラストのチャイコフスキー・バイオリン協奏曲は、ほんと美しい。
すべての人が打算を忘れ、感動に酔いしれる。
僕も身体が座席から浮くほど笑って、ラストはすっと泣いてた。
とってもエレガントで明日への勇気がわく映画。

東京で見れない、超人気番組

「たかじんの何でも言って委員会」
5/16はメディア論スペシャル。



司会
やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員長)

レギュラーパネラー
三宅久之、金 美齢、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、村田晃嗣

ゲストパネラー
田原総一朗(朝まで生テレビ)
手嶋龍一(元NHKワシントン支局長)
土屋敏男(電波少年“T部長”)
池田信夫(元NHK職員)
上杉 隆(ジャーナリスト)
原口一博(総務大臣)

サプライズゲスト
ビートたけし(映画監督)

Youtubeはyomiuriのクレームで削除されたが、サーバーが韓国やフランスやその他、 分散していくとどうしようもない。もう「検閲する」というクレームは実質、死語になりつつある。
ユーザーパワーは化け物みたいに巨大で、発信側が打つ手は、時代が進むごとに弱くなっていく。

もうひとつの人気番組は、上沼恵美子の「怪傑えみちゃんねる」
出演したいタレントが、順番待ちで並んでいる。

たかじんは時事ネタ、えみちゃんねるは芸能ネタ。東京で放送しないのをいいことに,好き勝手なことを言っている。

関西では,大人から高校生、中学生まで、忘れずに録画して見ている。
コンプライアンス、自主規制、個人情報保護・・
タブーを破る根性が消えている中、がんばっている。
みんな見たい、みんな出たい番組。

おもしろいコンテンツは、メディアが変われど人気が高い。スパンサーもつく。
制作者にモチベーションと予算を。

まずは、過度なコンプライアンスからの脱却をしないと。
メディアだけじゃない。日本のあらゆる局面、ビジネスで,教育現場で、癌細胞みたいな自主規制がカラダを冒している。

学生時代/ペギー葉山

青学を舞台にドラマを書き始めてます。
で、久しぶりに聞いてみました。

「図書館のノートとインクのにおい」なんて、もやは戻ることのない情景なのでしょうか?

少女時代 ソニョシデ Girls' Generation - SORRY,SORRY (日本語字幕)

いろんなところで韓国に負けている日本ですが、これも強烈。
日本の芸能界では未出現のクオリティ。
訓練に継ぐ訓練、努力の結果としてのデビューらしい。
ジャリタレ天国のゆるさが、ここにはない。
あらゆるものを安物に走らせてしまった日本だけれど、本物を目指す姿勢を忘れてはいけない。
少なくとも、僕はがんばる。

LAMBRATE サローネ2010

イメージ
サローネで今年からできた新しい場所LAMBRATE
イタリアの若い建築家が、ずいぶん前に、展示を目的とした訳じゃないんだけれど、買って、作った。街はずれの辺鄙な場所なので、ずいぶん安く買ったことだろう。ダッチデザインがどかんとイベントをやっていた。彼等はオルランディさんの店からトルトーナへ場所を変え、今年、この場所を見つけた。Martin BAASの部屋もある。









インテルニ 編集の大御所、オリビアさん

ミラノで難民

イメージ
火山はおさまって来たのかどうか、人間ごときにはわからない。4/17帰国予定がすでに5日過ぎた。「冒険を楽しむしかない」誰かが twitterに書いていた。

京の桜

イメージ
京のさくらはいいですなぁ。


高瀬川でメグルが最初に戦った場所あたりの桜。

メグルが棒の練習をする鴨河原の桜。

東京コレクション

イメージ
一部業界のイベントとして成り立っているような東コレ。
世界で話題は完全にガールズコレクションへ行ってしまいましたが、
も、やっぱりファッションは楽しい。
客席でケータイから買えるような服だけじゃ、日本は総コモディティ化してしまう。
想像力までコモディティ化するのがコワイ。
ファッションデザイナーよがんばれ!



写真はシアタープロダクツ@三越劇場。
劇場の舞台上に多数のカメラマンが構えていて、
そこにモデルが登場。幕が開いた瞬間歓声が沸き起こる.
ランウェイは、劇場の客席脇を活用。いつも、いろいろと楽しい趣向。

奈良は古い!

イメージ
イオンモールの準備で奈良へ。近鉄大和郡山駅で降りたが・・タクシーはどこ? 路地の入口みたいなところに「タクシーはこちら」の看板。曲がり込むとこんな待合
奥のハコに電話が。ダイヤルがない。ボタンがない。あるのはハンドル! 大きな電池も最近は見ないもの。 
回して受話器を取れ、とある。
ハンドルをぐるりと回す。受話器を耳に当てると、厳かな男性の声。
「そこでお待ちください」 ふ〜ん、と思った。空には鳶が飛んでいる。
平城京は1300年。

気温0度のラジオ体操

イメージ
悩みの種だった寒冷じんましんが出なくなった。半年前からはじめたジョギングのおかげだと思う。「体温を上げる」健康法は真実だと実感。
体操クラブ(?)の方々。平均年齢はアラ古希~アラ喜寿、それ以上。みなさんきびきび。白い霜が降りた代々木公園にも、日常を楽しく過ごすための基礎体力づくり。
すぐ隣には、そこを住処とする人達。体操チームと声を交わすこともなく、淡々としている。早朝の代々木公園。人生両面が交差する。無責任に励ますこともできない。厳しい季節だけれど、かならず春は来る。がんばらねば。

15年目の夕陽

イメージ
きれいな柿色の夕陽。15年前も同じように、明石海峡を染めた。 今、こうやって同じように夕陽に向かえることを あらゆるものに感謝したい。 今年もいい年でありますように。

しまむらと鉄人28号で再生

イメージ
日本全国でいちばん「派手」好み、と定説の甲南女子大生が「しまむら」へ。

「新長田駅で待ち合わせね〜」と、ありえない合い言葉をかわす。長田ですよ、ながた。芦屋とは違う。田舎のロードサイド店が、いよいよ都心に迫っている。広場に鉄人28号もやってきた。地震から15年だが、いまだ再建途中。女子大生もロボットもがんばれ。