2017年9月12日火曜日

幾何学から、命息づくの表現へ。山下三佳展

山下三佳展「みどりは熱を帯びている」

色を実験的に重ねることを積み重ね、絵の中に息づきを表現した。すべての作品のタイトルは同じ「TUNE」=音色。
故郷である富山の田園を鮮やかに塗り重ね、そこから地上へ大地のエネルギーが立ち上げた。音が聞こえるようだ。
ギャラリー風、オーナーの泉井さんと



大阪芸術大学博士課程を卒業し、作家への道を歩み出した。



大地は赤くて土色で緑。そこから空中に向かい「TUNE」が立ち上っている。

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...