投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

幾何学から、命息づくの表現へ。山下三佳展

イメージ
山下三佳展「みどりは熱を帯びている」
色を実験的に重ねることを積み重ね、絵の中に息づきを表現した。すべての作品のタイトルは同じ「TUNE」=音色。 故郷である富山の田園を鮮やかに塗り重ね、そこから地上へ大地のエネルギーが立ち上げた。音が聞こえるようだ。