投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

原爆雲に花を

イメージ
イタ友(イタリア人の友人という事)、クラウディオ・コルッチが
キノコ雲の形をした花瓶を作った。 
その花瓶に花を活けよう。 
意味深長だ。 
ところがユニーク形のキノコはみんなの想像力を呼び覚ました。
 クールでいて、とても優しい時間になった。
 場所は住吉智恵さんのところ。
恵比寿の本屋NADIFの3階にあるTRAUMARIS。

雲。
空気中の水蒸気の結晶。
空に浮かび、風に流され、刻々とかたちを変える。 
これをガラスで表現したい。
クラウディオは金型を作らず、
ガラス職人さん達の手作りにゆだねた。
製造を請けたのは東ヨーロッパのガラス工房。 
職人がクラウディオのスケッチを心にすり込む。 
ガラスを熱する。
 熱いガラスに息を吹き込み、回しながらキノコを作る。
 キノコひとつ、ふたつ、みっつ、よっつのもある。 
雲は自然の必然でもくもくと空に昇っていくが、
造形は偶然だ。 
過去未来、どれとして同じカタチはない。
 作り方はできるだけ自然を模倣する。
さて、花を活けてみよう。
花瓶の口は小さい。
技術的にはココがポイントかも。
活け花教室じゃない。
指導役の中村俊月先生はあんまり教えない。
「自由自在の活け花です。既成概念はいりません」
僕はど素人なので、ブーケの組み方っをちょっとだけ習った。
「花卉は用意しています。プラスワン、何か持参を」
智恵さんのメッセージが届いていたので、僕は福助とミーとナミと鉄腕アトムを持っていった。

一緒に参加したアートディレクターのフクトミさんはカリフラワーを持っていった。
こんなものをつくろう、とか考えていたわけじゃない。想いにまかせ、僕は雲よっつの花器を選んだ。

できばえやいかに?




いちばん上の段、原爆雲を花で覆い尽くした。
その下に、神様として福助を置いた。
天上の花から木々が垂れ下がる。神は森にいる。
一番下の段、赤い花びらにナミを寝かせた。
花の色は流れた血かも知れない。
ナミの上にはミー。ミーはメディアだ。
神と人間をつなぐ。ミーに嘘はつけない。
花瓶の横に立つのは鉄腕アトム。科学の子。
アトムは森の巨人となるかもしれない。
そしてナミはいつか眠りから覚める。どこへ向かうのだろう。




皆保険の幸せ、アメリカで救急車で運ばれた経験。オバマケアを想う。

イメージ
アメリカが皆保険制度でもめて公共機関が閉鎖する状況になっていますが、皆保険という制度、日本では水か空気みたいに標準化していますが、世界ではぜんぜんそんなことはないのです。私達、本当に幸せなんですよ。  ふと、僕がニューヨークに住んでいたとき、救急車で運び込まれた病院を検索してみました。そしたら閉鎖していました。Portchester Hospital。ニューヨークの北部、ウエストチェスター郡にあります。お金がなくなって破綻したそうです。こぎたない病院だったけど、救急搬送された僕を受け入れてくれた懐かしい場所です。  当時家族でHarrisonに住んでいました。職場はマンハッタン14丁目ユニオンスクエア。会社の社長を解任された(これはこれで大事件だった)。翌日、仲間と3人でソーホーあたりのレストランで夕食中、経験したことのない痛みが襲ったのです。家にいるヨメに電話をして「今から帰るから病院を探してくれ」と言って、グランドセントラル駅から電車に乗りました。Harrisonまで40分。 尿道結石でした。死に至る病ではなかったけれど、世界3大ペインと言われる痛さの極致。
 這うようにHarrison駅で降りました。近くに「Westchester Hospital(上等の総合病院)がある」とヨメは言いました。英語もしゃべれないけど調べたみたい。しかしふと「ちょっと待て。いったん家に帰れ」と言ったのです。痛さは絶叫もだったのですが、自分の医療保険でその病院の診察が受けられるか確かめないと・・と思い当たったわけです。
 これがポイントだった!家に帰りパソコンを開き、保険証のIDとパスワードでログイン。するとどうでしょう。その病院は対象外! 要は自費です。
 すでに夜の10時、痛みは局地を越え地獄に踏み入っている。死んでしまう!
 病院を検索する。Portchester Hospitalが次ぎに近い。電話をかける。南無三。
「開いてますか?」「うちは24時間営業だよ」
と黒人女性っぽい発音。ヨメの運転で(アメリカ免許取り立てだったが、こういう経験の積み重ねで運転技術は上達)病院に到着。
 どこの病院でもカバーしている保険もあるけれど、そういうのは掛け金が高い。入れるのは金持ちか大きな会社の社員。
 僕が社長をしていた会社も最初は「いい保険に入ろう」と健康保険もデンタル保険(アメリカでは歯医者は別保険…