スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

六甲山でアート散歩

一足先に秋の気配をからだにしみこませよう。「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」がはじまった。
ケーブルカーに乗る。高度が上がるにつれ、風がそよそよしてくる。 秋の入口、本日は適温。夜景に歩くのもいい。会期終了間近の11月なら、そうとうな冷気。自然とともにあるアートは、季節が進むにすれて表情を変える楽しみもあるけれど、まずは過ごしやすい季節に散歩してみよう。いまなら、まだ、六甲山のソフトクリームもおいしい。


最初は旧六甲山ホテル。「六甲山サイレンス・リゾート」となって、新たな姿を見せていた。山頂に待望の施設。誰かさんと泊まりたい。みんなそう思っていたけど、長い間なかった。いま、八光自動車がスポンサーとして再開発を受け持った。素晴らしき外車が玄関に駐まったシメージ写真はなかなかのもの。富裕層になった気分。
建築はイタリア人のMichele de Lucchi。

完成予想図(これはCG)https://www.onestory-media.jp より引用 由緒正しいリゾート地に、名門「宝塚ホテル」の分館として造られたのが旧「六甲山ホテル」。2007年に国の「近代化産業遺産」に認定されたその貴重な建築は、令和の時代になって、イタリア建築界の巨匠ミケーレ・デ・ルッキ氏の手によって『六甲山サイレンスリゾート』として蘇った。

ミケーレさんは1980年代、イタリアン・デザインを世界へ知らしめたデザイン・ムーブメント「MENPHIS」の人らしい。そうならセルジオさん(セルジオ・カラトローニ<sergiocalatroni.com>と友達かも? と、早速セルジオさんにメーセージ。すると「古い友達よ、CIAO」と返信。(友達の友達は友達。特にイタリア人は)「MENPHIS」は奇抜さや刺激をデザインに取り入れたものだったけれど、ホテルは森にひっそりたたずむ素朴な雰囲気で建築が進行中。ホテルの担当女性は「時代が進み、ミケーレさんのデザインも、自然に寄り添うようになりました。今はそっちが得意」まあ、そうでしょうね。今年の六甲山サイレンスリゾートは飲食だけオープン。宿泊は来年から(施設全館オープンは2025年)。
現在は六甲ミーツ・アートの会場。





山頂施設は次へ向けて変貌をはじめている。六甲カンツリーハウスは全面アスレチック会場にするため大改造中。六甲ミーツ・アート2020は昨年と展示場所が変化し…

最新の投稿

きれいな小説。「半島へ」

日系移民作家ジョー・イデが書いた、すてきなアメリカン・ピカレスク「IQ」

「まぼろしのパン屋」と「岸辺のアルバム」

刀剣女子へ

神戸ユース・ジャズオーケストラ。メンバー募集中