投稿

小説「アンフォゲッタブル」発売

イメージ
小説「アンフォゲッタブル〜はじまりの街・神戸で生まれる絆(徳間文庫書き下ろし)」は絆の物語です。

ほんとうの愛に包まれ終活をする夫婦、ジャズ仲間に助けられ半グレを卒業していく若者、混沌が想像力を産み、再活性化する古い商店街。
地元の人、外から来た人、双方が助け合って作ってきた神戸。

主題はあくまで人。人の心に住む愛の話です。
4月〜5月に行う、トークショーでは、主人公のひとりが人生を考え直すきっかけになった曲「I Remenbar Clifford」のライブ演奏とともに、物語をご紹介していきます。

小説「アンフォゲッタブル」あらすじ

イメージ
2019年4月5日「アンフォゲッタブル〜はじまりの街・神戸で生まれる絆」発売となります。
物語はいつものように妄想から組み立てはじめましたが、ドキュメンタリーを脚色した内容も多く、実際の名称、企業名、実名登場の人物への確認をいま(最終段階で)ていねいにやっています。日本のミュージシャン、アメリカのミュージシャン、高砂高校、神戸ユースジャズオーケストラ、神戸高架通商店街、川崎重工業神戸本社、自衛官、花隈地区、行政、さまざまです。

あらすじ

鳥谷書太郎は川崎造船社員で潜水艦の名設計士だったが、コンピュータテクノロジーの進化についていけず、最後は寂しく定年退職する。いらいらを妻にぶつけ、幼稚園児の声がうるさいと怒る。その幼稚園は土地買収にグレーな噂があった。池波安史は解散したやくざ事務所でアルバイトをした経験がある若者だが、幼稚園の土地問題にちょっかいを出す仕事をしたことで、ある筋から見込まれ、大きな不動産取引の忖度仕事を依頼される。それは立ち退き問題で揺れる神戸元町高架下商店街(モトコー)の巨大利権に絡み、暴力団も関わるとんでもない仕事だった。エンジニア、元やくざのバイト、商売人、警察、裏社会、ミュージシャン……さまざまな人間が個人の事情で動きながらも、もめにもめた商店街は生まれ変わり、立ち退き寸前だった神戸の老舗ジャズクラブが生き残ることになった。書太郎もジャズに出会ったことで素晴らしい余生を見つける。それは苦しい半生を歩んできた人たちを見事に救う事になるのである。ジャズが生まれた街神戸のJAZZYな物語。

登場人物

 鳥谷書太郎引退した潜水艦エンジニア
 鳥谷雛子書太郎の妻
 海音寺安史フリーター 元やくざのアルバイト
 池波欽二フリーター 元やくざのアルバイト
 大西結花高校生 神戸ユースジャズオーケストラメンバー
 井ノ原沙紀高校生 神戸ユースジャズオーケストラメンバー
 石山教授大阪大学教授 ロボット工学の権威
 湊巧己指定暴力団湊組二代目組長
 佐合真指定暴力団湊組若中
 二階堂文夫指定暴力団湊組舎弟 イタリアンのシェフ
 広瀬未来ジャズミュージシャン
 高橋知道ジャズミュージシャン
 佐藤栞ジャズミュージシャン 保険の外交員
 内山千鶴ジャズクラブJAMZのオーナー
 小倉良介川崎造船所第四ドック総務部課長
 大城兵庫県警組織対策課警部補
 盛田神戸元町高架下商店街商店会会長
 特別ゲストピー…

とくしんのいかん世の中 人生幸朗・生栄幸子

イメージ
執筆のトレーニングに(特に会話に)漫才の書き取りをします。一字一句すべて。昔の漫才は本当に無駄がない。練られているというか、これこそ芸。
ということで、「とくしんのいかん世の中」人生幸朗・生栄幸子さん。どうぞ。

幸朗「本日はまことにもってお日柄もよろしく、おめでとうございます」
幸子「そうやねぇ、めでたいねぇ」
幸朗「思い起こせば」
幸子「何を思い起こすねん」
幸朗「私たち二人が結ばれましたのも、ついきのうのようで」
幸子「あほ!(叫ぶ)化けるほど生きてるくせに、なに言うとんねん。この老いぼれ!(叫ぶ)」
幸朗「まぁ、私どものことはさておいて」
幸子「はい」
幸朗「本日はめでたい」
幸子「そうやねぇ」
幸朗「が、」
幸子「何か、言いたいことあるんか」
幸朗「最近いちばん腹立つことは」
幸子「ええ」
幸朗「新聞代の値上げや」
幸子「ああ、それねぇ」
幸朗「突然六百円も上げやがって」
幸子「えげつないですねぇ、これはねぇ、六百円もねぇ」
幸朗「これ、皆様、どう思いなはる」
幸子「はい」
幸朗「それでワタシは言うた。えげつないことすない!」
幸子「えげつないことせんといてほしいわねぇ」
幸朗「とくしんのいく理由をはっきりせい! 言うたらね」
幸子「はい」
幸朗「新聞が赤字のために、これは上げさしてもらわなしゃあないと」
幸子「ふーん」
幸朗「向こうはそう言うんだ。けど、皆さん聞いてください」
幸子「はい」
幸朗「私は何十年新聞読んでるけどね」
幸子「ふん」
幸朗「赤字の新聞見たことない」
(幸子、黙ってうなずく)
幸朗「新聞は皆黒字やて」
(幸子、黙ってうなずく)
幸朗「とにかく今の世の中ね」
幸子「上がりっぱなしやね、何もかも」
幸朗「赤子の手をねじるようなことさらしよる」
(幸子、大きく二度うなずく)
幸朗「何でもかんでも上げたらええもんやないわい!(叫ぶ)」
幸子「高いわねぇ。風呂銭でも百八十円になってる」
幸朗「上げな損のように上げてけつかる」
幸子「ふん」
幸朗「この間も雨上がりの道歩いたら、ハネまで上がりよる」
幸子「関係ないわ、それは。気ぃつけて歩け、ボケザル」
 幸子唄う。
♪赤いリンゴにくちびる寄せて〜黙って見ている青いそら〜♪
幸朗「また唄うとる」
♪リンゴは何にも言わないけれど、リ〜ンゴの気持ちぃは〜よくわかる〜♪
幸朗「やめい!(叫ぶ)」
幸子「…

JAZZ TAXI試乗しました。贅沢な移動空間。

イメージ
近畿タクシー(神戸市)所有のJAZZ TAXIに試乗させてもらいました。 ロンドンタクシー(4世代前)に、富士通テンのオーディオECLIPSE(150万円相当)を組み込んでいます。 昼間の市街地を走ってみました。それもよし。夜景を見ながらの六甲山JAZZはだったら最高でしょう。 ギタリストをひとり乗せて観客2名(サックスのクインテット+生ギタリスト)という、超ミニライブもやったことあるそうです。 メチャ贅沢ですね。 神戸JAZZ DAY 、JAZZ STREETにも登場してほしいです。 「普通に予約いただければJAZZとともに、お迎えに上がります」 とのこと。


動画はこちら



存在は絶えず震えている

イメージ
緑あふれる絵画の前に立ったとき、木々が発する息吹を感じる。 森を写生したものじゃない。具象的な再現描写でもない。自分自身が自然の一部となった、あふれるような感受を描いている。
「存在はあなたの中にある。あなたと同じように」 ヨーガの経典、「バガヴァッド・ギーター」で示されることばを思い出した。

今回の展覧会のタイトルは「存在は絶えず震えている」。 なるほど。 しかし訊ねてみると彼女は、ヨーガのことは知らない。意識していないと言う。 それでこうも訊ねてみた。 松宮「タイトルはちょっと村上春樹的かな」 あやりえ「村上春樹は好きです」 松宮「ヨーガと村上春樹を足してみればこうなるよ『存在は絶えず震えている。わたしと同じように』 あやりえ「ふうん」
ヨーガを知っている、知らない、村上春樹的……そんなことで語るべきじゃない。 人には生まれながら美を理解する感覚が埋め込まれているということ。あなたと同じように。 芸術家はそんな美を、観る者、聴くものに、感情を形にして伝えることができる伝道者。

彼女の絵には中国絵画における気韻生動というテーマがある。 「『気韻生動』は古くから中国の絵画の評価基準である六法のうちの第一『気と韻(生命の流れとリズム)が活き活きとしている』こと。自分自身も自然の一部であるという東洋前近代の主客的世界観を絵画として表現することの試み」
六法(ろっぽう)がわからないので調べてみた。
「りくほう」ともいう。中国南北朝時代、南斉(なんせい)(479~503)の謝赫(しゃかく)が『古画品録(こがひんろく)』で述べた、絵画制作の六つの要点。このことばは東洋絵画における真髄を表したものとして、現在でも重宝がられている。確かにその内容は的確で含蓄があり、長い年月を経てもその輝きを失わない。その六つとは、(1)気韻生動(きいんせいどう)=気の充実した生き生きした表現、(2)骨法用筆(こっぽうようひつ)=骨格のしっかりした線で対象を確実に把握すること、(3)応物象形(おうぶつしょうけい)=対象の形に応じて写実的に描くこと、(4)随類賦彩(ずいるいふさい)=対象に従って色をつける、(5)経営位置(けいえいいち)=構図をしっかり決める、(6)伝移模写(でんいもしゃ)=古画の模写を行い技術・精神を学ぶ、以上である。このなかでも「気韻生動」は、芸術全般に適合することばとして広く使われてきた。 日本大百科全書(ニッポ…

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

イメージ
ジャパン・ステューデントジャズフェスティバルの初日(中学生の部)、黒田卓也さんに会いました。15才の時に聴いたクリフォードブラウンにショックを受けて、ジャズメンを目指した、と聞いていたので、その頃の心境から話をはじめてみたかったからです。 「鳥肌が立ちました。やわらかくて大きいサウンド。トランペットの芯のまわりを空気が覆う。フレージング、技術がすばらしすぎる」「いい人のイメージがあるブラウニーだけれど、ライブを見れば違います。音楽家としてぶっ飛んでいる。表現したいという執念があふれている」 それから話は、若者のJazz、これからの音楽へと進みました。





 彼とこれからのJazzはどうなっていくかを話しました。ジャパン・ステューデントジャズフェスティバルも34年目を迎え、生徒たちのレベルも上がっていますが、聴衆は年寄りが多く、祖父、祖母が孫の発表会に来ているという景色なのです。街中のJazz Clubもお客様は年配ばかり。これはいかん。  ニューヨークはどうなんでしょう。 「この5〜10年で変わってきています。Jazzはこうあるべきという概念を破るスタイルにも人気があります。Jazzを解放しようとする動きが出てきて、Robert Glasperがその代表です。彼は音楽シーン、Jazz、R&B、クラシックなどに摩擦を起こし、その摩擦がエネルギーを起こしています。もはやJazzをJazzと呼ぶ必要もない、と発言もしています」
そこであらためてRobert Glasperの「So Beautiful」を聴いてみました。 たしかに今の時代、次の時代に何をすべきか、想いに満ちた演奏です。

Robert Glasperの解説(中山千尋<http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/12800> 90年代後半以降のブラッド・メルドーを主流とするストレート・アヘッドなジャズ・ピアノ・スタイルでデビューした当時、ロバート・グラスパーは〈黒いブラッド・メルドー〉と囁かれたほどだ。その煌びやかなピアニズムは数々のサポート・ピアニストとしての演奏でもうかがい知ることができる。難解なコード進行や変拍子を軽やかに、そして最もスタイリッシュでソリッドな奏法で表現できるピアニストはそう多くはないだろう。興味深いのは、ロバート・グラスパーが彼自身の職人的なジャズ・ピアノ技法を突…

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

イメージ
ユースの演奏を聴くたび、中学生に戻って管楽器をはじめたい、と思ってしまいます。当時は生ギーターとバンジョーを弾いて、自分で詩を書いて字余りなフォークソングを歌ってました。「トランペット吹いてみたら?」そんなふうに勧める人があれば、人生変わったかも。どちらにしても、今は若者を応援するのみです。ユースジャズオーケストラは、8/17.18.19の全日本スチューデント・ジャズ・フェスティバルにも出演します。今回はFUNKにも挑戦。16ビート素敵!