投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

作家冥利に尽きる

イメージ
埼玉県朝霞台東武ブックスのTさん。
「メグルが泣いた場面で私も泣きました」  なんてうれしいお言葉。  ラストシーン近く(まだ読んでいない方のために内容は??)の場面、僕も泣きながら書き進めていたのです。  自分が感動しない話を読者が感動してくれるはずはないですが、  自分が感動した話を読者が感動しないことはある。  高まる感情を共感してくれる方と会うことは、この上もない幸せ、作家冥利に尽きます。売れるために書いてるんじゃない。自分の感情をむき出しにただ筆を進めるのが作家だと思っていますが、こういう出会いは至高の極みです。  Tさんは奈良女出身の文学女子。書店員さんで、こんな棚を作ってくれました。「さっそく追加注文もしましたヨ」と。

 メグル、やった。お前の気持ちは伝わったぞ。  ほんと、幸せな一日でした。


「秘剣こいわらい」は持ち込み原稿からはじまった

イメージ
京都の女子大生和邇メグルの冒険活劇シリーズ「秘剣こいわらい」ですが、デビューへのきっかけは最初、持ち込み原稿でした。
 新潮社に知り合いの知り合いがいた、という薄い縁だったのですが、その方が当時の文芸部長でした。新幹線でぱらぱらとページをめくっていたら、面白くて200ページ読んでしまった、と返事をいただいたんですね。それで新潮社を訪ねたら「アマチュアの方には異例ですが・・」と切り出しながら「編集者をつけましょう」と言ってくれました。  「書店店頭で目印がつかない本は気にもされないので、まずは賞を狙いましょう」となり、新潮社主催のファンタジーノベルズに出すことに。  審査会の評は2000年8月の小説新潮にも出ていますが、審査会のリアルなやりとりは編集者から聞き、審査委員長格であった井上ひさしさんが、いちばん応援してくれた、と知って、胸がじーんと来ましたね。  編集者に同時に言われたのが「デビューしても2作目を書けない作家はプロとしてやっていけないので、最初の本の出版時には5冊分、原稿用紙で2,000枚は書き上げておいてください、と熱い支援(そして厳しいお達し=今の仕事は絶対辞めるな・・結局辞めてしまったのですが・・ホントに辞めてはいけない)
 この時書いた2,000枚が「秘剣こいわらい」、続編の「くすぶり亦蔵」と「さくらんぼ」(新潮社長編小説新人賞ベスト8)。「はるよこい」PHP研究所。
 書くと言うことがどういうことか、実にリアルに体験しました。  楽しくてたいへんつらい。  作家修業の一番最初に、文芸ではいちばん厳しい、といわれる新潮社に出逢ったことが足腰の鍛錬になったことは間違いないです。

 ちなみに、知り合いとその知り合いの関係ですが、高校の時同じ野球部で、セカンドとショートだったそうです。

 いろんな縁があります。  薄い縁を濃くするのは自分の努力だけ。  努力に応えてくれた方には感謝を。  それも知りました。

講談社文庫「秘剣こいわらい」発売しました。

イメージ
車内吊りは初体験です。自分の名前が電車の空間にあるのはうれしいようなこそばいような。それより井上ひさしさんと同じ紙面にあるのはびっくり。2000年度の新潮社ファンタジーノベルズの作品が6年後に単行本化(マガジンハウス)されたわけですが、作家になるきっけとなった審査会の委員長が井上ひさしさんで、いちばん誉めてくれたと聞いています。(その場にいたわけではないですが、あとで新潮社の方から聞きました)。天国の井上さんに合掌です。
はじめての車内吊り広告!

 単行本が出てからさらに6年後に、NHKでワンセグドラマ化(主演:早織、池乃めだか)、そしてまたまたその6年後に「秘剣こいわらい」として文庫化されました。
  単行本の286ページは387ページと大きく化け、進化しました。新たな登場人物、事件、さらに複雑な伏線の仕込み・・そんな構成の上にクライマックスが乗っかりました。
  2006年に単行本として世の中へ出ましたが、実はページを開いたのはただ一度。反省が多くて気が引けたのですね。今あらたに読み返してみると、処女作としての初々しさがあって、それはそれでよろしいのですが、「書き直したい」という場所は多々あるわけで、商業出版として再チャレンジできる機会を得られたことは、作家としてこの上ない幸せです。
 「こいわらい」全4部作として、これにて第1部は完成。
  大河シリーズ(!)として納得の船出ができました。
 コンテンツが文化として熟成するには12年かかると言われていますが、
自分の中での文化熟成を実感した感じです。
  あとは映画。人生の大きな目標です。

連載小説「鎌倉の怪人」第1部完結。

イメージ
小説「鎌倉の怪人」まだの方は最初から読んでみてください。
福富書房からどうぞ。第1部は期間限定無料公開中です。


書籍にするとだいたい130ページくらいの分量かな。
時代背景は昭和44年。未来を信じて日本が邁進していた時代。舞台は鎌倉です。

封印された洞窟の奥深く、陰陽道にまつわる正体不明の怪人が穴を掘り、夜ふけに鎌倉の谷戸を駆け巡る。怪人の正体を探る富五郎と祐子。謎と現実にもまれながら、いつしか人が生きる事の深い意味を知りはじめる。

登場人物
松本富五郎:北鎌倉駅員 20歳
佐倉祐子:鎌倉女子学園2年生 17歳
小林篤子:鎌倉の旧家に嫁いだ姫。皇族出身。
カモノタダユキ:謎の怪人。平安時代からタイムスリップした陰陽師?

写真、絵画、イラストとアーティストにも参加していただいています。アーティストクレジットは本文末尾で。

新年は小説「鎌倉の怪人」をどうぞ

イメージ
2013年になりました。 明けましておめでとうございます。
今年の最初は連載小説「鎌倉の怪人」。 第1部のラストにゲストアーティストchonmage eを迎え、さわやかな色香を描きます。
本年もよろしくお願いします。