投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

芸の嘘、約束事の時代性

イメージ
落語で嘘を八百並べたような話も好きですが、嘘のも時代性があると知りました。読者の感覚となって、あるいは21世紀の現代に生きる人間として「理屈に合わない」嘘が出てくるとおしりがムズムズして、何や落ち着かん、となるんですね。演者の力量にも寄るんでしょうが、枝雀落語の「子ほめ」ではこれがネタ時点で解決されていて、芸の嘘についての解説も書かれています。(枝雀落語大全三十集。枝雀さんみずからの解説)

「小説における正直は文体を補ってあまりある」が黄金道です。となれば芸の上での嘘といっても「時代感覚に添って正直に修正」する必要があるわけです。
「子ほめ」では甚平さんが主人公に年齢のほめ方を伝授します。 相手が四十五やったら四十、五十なら四十七、六十なら五十七とかふたつ三つ若く言えと教える。 道で会った伊勢谷の番頭に「何歳ですか?」「四十歳や」「なに、四十歳のほめ方は習うてない」で、立ち往生して「ちょっとの間、四十五になって」と頼む。初期の語りではこうなっていますが、現代ではここまでの「アホ」がなかなかいないので不自然になる危険性があるわけです。語り口によっては「この男、このくらいの応用がきかないのか」といらいらしながら聞いてしまう。 語り口のリズムで解決するか、ひと言挟むか・・理屈を付けて筋の通るものにしないかん。
枝雀さんがどうしたかと言えば、 甚平さんが前振りで「子供の場合は1歳でも2歳に見えると言った方がいい場合がある」と言わせておいて、 番頭に「四十や」と言われたとき「えーっ、四十て上に言うたらええんやろうか」と来たら「四十は上に言うのがいいか、下に言うのがいいか」わからん、と悩ませ、とりあえず「四十五歳」の場合ははっきりしているので「ちょっとの間、四十五になって」とお願いする。 とした。 と解説してます。これでお尻もムズムズしません。

小説創作講座やります。

イメージ
第1稿、第2稿、第3稿、4,5,6・・永遠に終わらん。 何の話かと言えば、小説の書き方のお話です。 第1稿は「オールストリートドラフト」、 第2稿が校正。 そして3が仕上げ、と理屈ではそういう順序ですが 校正は何度やっても終わらんのです。 手書き、直しもほとんど無し、一発OK、という作家もいらっしゃると聞いていますが ワタシにとっては神の業。どうやったらそんな領域に踏み込めるのか 皆目わかりません。 わからないので、何度も何度も書き直します。 確かに、書き直すたびに新しい発見もあったり、それはそれで楽しいのですけどね。 (ちなみに「秘剣こいわらい」は25稿ほど) そんなことも含め、土曜日に京都でしゃべります。
東山にある霊山正法寺。
京都でいちばん夕陽がきれいに見えるお寺での「夕陽を観る会」で 
小説創作講座をさせていただきます。
 みなさん、おこしやす。
 じゃない、はじめての方もOKですので、おいでやす、でした。

「今まで読んだことのない小説」と言ってもらえる幸せ

イメージ
福岡です。 よかとこです。 いつ来ても何か、気持ちがあたたかい。 天神の丸善ジュンク堂さんで「秘剣こいわらい」が積んでありました。 担当のYさんが「今まで読んだことのない話」と主張して50冊積み そしてクラフトワークのような手書きPOP。 メグルの棒も画用紙で工作。 「おお、いい感じ」「そうですか、えへ」 書店員さんの「今まで読んだことのない話」という評価はうれしい限り。 小説を書こうとしたきっかけが「読みたい物語がない」「じゃあ自分で書こう」 と言うことでありますので、共感者の登場には痛く感謝。 理想の読者に巡り会える幸福 何で書いているかといえば、まさにここ。 新しいスタイルの物語を見知らぬ読者が発見し、楽しんでもらえる。気分はほかほかあたたかい感じ=福岡的(?)
メグル、九州も走れ。

秘剣こいわらい(講談社文庫)発売2ヶ月目で好調

イメージ
本日は東京〜横浜の東海道線沿線の書店さんをまわりました。
とにかく、
この物語を読んでいただいた書店の方はどかんと店頭に積んでくれます。
みんなメグルのファンです。
ワタシ自身、自分の物語に中毒になったのでありますが、
なまじ自己満足でもなく、
ひとえに、
それは主人公のメグルの魅力であります。




























































作者としてはまだまだ三文文士でありますが、 女子大生剣士のメグルは今や人気者。 ワタシをどんどん追い越していく生意気娘でありますが、 みなさん、よろしくお願いします。