投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

イメージ
ジャパン・ステューデントジャズフェスティバルの初日(中学生の部)、黒田卓也さんに会いました。15才の時に聴いたクリフォードブラウンにショックを受けて、ジャズメンを目指した、と聞いていたので、その頃の心境から話をはじめてみたかったからです。 「鳥肌が立ちました。やわらかくて大きいサウンド。トランペットの芯のまわりを空気が覆う。フレージング、技術がすばらしすぎる」「いい人のイメージがあるブラウニーだけれど、ライブを見れば違います。音楽家としてぶっ飛んでいる。表現したいという執念があふれている」 それから話は、若者のJazz、これからの音楽へと進みました。





 彼とこれからのJazzはどうなっていくかを話しました。ジャパン・ステューデントジャズフェスティバルも34年目を迎え、生徒たちのレベルも上がっていますが、聴衆は年寄りが多く、祖父、祖母が孫の発表会に来ているという景色なのです。街中のJazz Clubもお客様は年配ばかり。これはいかん。  ニューヨークはどうなんでしょう。 「この5〜10年で変わってきています。Jazzはこうあるべきという概念を破るスタイルにも人気があります。Jazzを解放しようとする動きが出てきて、Robert Glasperがその代表です。彼は音楽シーン、Jazz、R&B、クラシックなどに摩擦を起こし、その摩擦がエネルギーを起こしています。もはやJazzをJazzと呼ぶ必要もない、と発言もしています」
そこであらためてRobert Glasperの「So Beautiful」を聴いてみました。 たしかに今の時代、次の時代に何をすべきか、想いに満ちた演奏です。

Robert Glasperの解説(中山千尋<http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/12800> 90年代後半以降のブラッド・メルドーを主流とするストレート・アヘッドなジャズ・ピアノ・スタイルでデビューした当時、ロバート・グラスパーは〈黒いブラッド・メルドー〉と囁かれたほどだ。その煌びやかなピアニズムは数々のサポート・ピアニストとしての演奏でもうかがい知ることができる。難解なコード進行や変拍子を軽やかに、そして最もスタイリッシュでソリッドな奏法で表現できるピアニストはそう多くはないだろう。興味深いのは、ロバート・グラスパーが彼自身の職人的なジャズ・ピアノ技法を突…

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

イメージ
ユースの演奏を聴くたび、中学生に戻って管楽器をはじめたい、と思ってしまいます。当時は生ギーターとバンジョーを弾いて、自分で詩を書いて字余りなフォークソングを歌ってました。「トランペット吹いてみたら?」そんなふうに勧める人があれば、人生変わったかも。どちらにしても、今は若者を応援するのみです。ユースジャズオーケストラは、8/17.18.19の全日本スチューデント・ジャズ・フェスティバルにも出演します。今回はFUNKにも挑戦。16ビート素敵!