錦市場の冬景色

ひと月ちょっとなのに、ブログは前回のビアガーデンから一気に冬の話。日本から四季が消えつつあるのはえらいことですね。(俳人さんも困りますな)。




















とにかく寒ぅございます。コンビニでもおでんの売上が急増しているみたいですが、京都にいると錦市場のこの湯気を思い出して「行かんといかん」とか、せぇてしまうわけです。関西ではおでんを関東炊き(かんとだき)というのですが、ここは練り物の天ぷらをあつあつで盛ってる、ま、錦名物。ええ感じでしょ。

コメント

このブログの人気の投稿

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

アイスホッケーの魅力解説と、ピョンチャン冬期五輪観戦ガイド