2010年10月28日木曜日

錦市場の冬景色

ひと月ちょっとなのに、ブログは前回のビアガーデンから一気に冬の話。日本から四季が消えつつあるのはえらいことですね。(俳人さんも困りますな)。




















とにかく寒ぅございます。コンビニでもおでんの売上が急増しているみたいですが、京都にいると錦市場のこの湯気を思い出して「行かんといかん」とか、せぇてしまうわけです。関西ではおでんを関東炊き(かんとだき)というのですが、ここは練り物の天ぷらをあつあつで盛ってる、ま、錦名物。ええ感じでしょ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...