熊本・大分へ

Amazon Kindleでどうぞ

1作寄稿しました。
タイトルは「私の青空」
掌編小説です。
被災体験に関しては何をどのように書いても、思いはまっすぐに届かない。
SNSでの発言はもちろん、個人的な会話においても、臆病なほど慎重になってきました。
しかし神戸の地震から20年。記憶は枯れ、透明になってきたころ、
このプロジェクトを知り、参加させていただく事にしました。
20年前の経験を元に、今の気持ちを書いた次第です。
物語に登場した女性も今や、当時より20年歳をとりました。
時は移ろい、人々は生きています。

ローコストのお手製小説、Kindle版。
売上は被災地へ送ります。

以下、Amazonでの紹介文
「関西在住の作家・作家志望者が集まって、熊本・大分震災のために小説を書きました。売り上げ(経費を差し引いた純利益)はすべて被災地へ赤十字社を通して義捐金として送ります。 

内容は、短編集です。地震についての小説にこだわらず、恋や、笑いや、ホラーなどの小説もあります。 
被災された方も、これから起きるかもしれない地震に怯えている人も、疲れた人も、のんびりしたい人も、ただ興味があるっていう人でも。一冊いかがでしょう? 

著者 
蒼隼大、朝来みゆか、在神英資、ゐと、新熊昇、西谷丘晃子、野棲あづこ、原瑚都奈、氷川真紗兎、氷月あや、ひらび久美、松宮宏、綿里久伊(五十音順) 

コメント

このブログの人気の投稿

さすらいの下町文芸カフェ、やります。

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018