山の芸術散歩「六甲ミーツ・アート」

六甲ミーツアート2016。はじまりました。開催場所は海抜900mあたり。神戸ダウンタウンより56℃気温が低い。風は清々しい。高山植物いっぱい、芝生いっぱい、酸素いっぱい。

作品説明を見て、疑問があったら作家をつかまえて質問。「ふうん、そういうことなのね」。作り手には作品に込めた想いがあるでしょうが、どう思うかは鑑賞者の勝手。想いが素直に伝わって幸せ、「ぜんぜんわからない」と言いながら、「おや?」と、意外な発見があって幸せ。どっちもあり。 

こういう環境で制作して設置するんだから、作家も自然にどう寄りそうか考える。 
素材、色、仕様を工夫し、地べたに、木の幹に、そっと置く。 
自然に溶けこむアート。自然の中で日々朽ちてゆく。 
それがどういう意味を持つか、それも含めてアート。 
ひとりで作品に対峙したり、家族で笑ったり、どう感じるかは、鑑賞者の自由。 
お気にめすまま。 


自由気ままなアート鑑賞、という意味でも、六甲ミーツ・アートは最適。塀に囲われた美術館じゃないですからね。 
野山を上がったり下がったり、体力づくりを兼ねて行ってみてください。。 
ケーブルカーで登るもいいし、自転車(特に坂バカ)にはちょうど良い距離。六甲ケーブル下から徒歩登山で2時間(Yahoo路線検索ではそうなってる)。汗だくになったら六甲山牧場のアイスクリームで糖分補給しましょう。 

その後は牧場で動物と遊びましょう。羊、山羊、牛、馬、ミニブタ、うさぎ、アヒル、犬。日が暮れかけるころには路上にイノシシの親子も出てきます。(ウリボウはめちゃくちゃかわいいけど、怪我しないよう慎重に)。 


高山植物の間に突然やって来た作品たち。花も木も鳥も「面白いやつが来よった」と思ってくれるといいな。 



朋香ちゃん、名古屋芸大で会ったときは普通の子だったのに新宿ゴールデン街を経てこんなんになった。六甲山町のまぼろしスナック。




ロープウェイ駅の猫








一年後に配達してくれる郵便局

コメント

  1. But as that theoretical risk of profitable has decreased—even 코인카지노 if most precise gamers don’t play nicely enough to notice the difference—the allure of the sport has light. For about 200 years, blackjack was the casino equal of a benchwarmer. Into the 1950s, the most well-liked casino recreation in Las Vegas was craps, a rollicking, social recreation that was seen at its most colorful in Guys and Dolls.

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿