さすらいの下町文芸カフェ、やります。

神戸の西地区、長田区駒ヶ林という極めて下町的な下町で「文芸カフェ」なるものをやります。11/3(金祝)4(土)5(日)11(土)12(日)の5日間です。10〜17時。11/4のみ夜バー営業。港都KOBE芸術祭関連行事、下町芸術祭関連イベント、神戸港開港150年記念関連イベント、といちおうはそんなところですが、なにせ入り組んだ路地、人がほとんど歩いていない場所。3年目となる下町芸術祭期間中なので、路地裏にも、そこかしこでアートをやっています。「長田ってどんなとこやろ!」「どろソースでお好み焼き食べてみたろか」、何でもオッケーです。散歩がてらどうぞ。文芸カフェとしては神戸の物語である「さすらいのマイナンバー」「まぼろしのお好み焼きソース」の校閲原稿を壁一面に貼りだし、出版プロセスを見せます。物語に実際に登場した人物・お店なども紹介。喜久屋書店さんは出張販売。一部古書もあります。また、伍魚福×オリバーどろソースコラボによる「おつまみ」も試食できます。文芸カフェ内関連イベントは「P.8 ハチページ in 新長田」
11月4日(土)17~21時。移動式バーテンダー、呑兵衛インストラクターとして活動中のP.8こと吉田初美がやってきます。喜久屋書店店員と小説家の対談もあります。11月11日(土)は「マメイケダ展」。ハンドドリップ珈琲¥250です。ちなみに会場の喫茶店「初駒」は通常月〜木の10〜17時のみ営業。なかなか訪れることのできない下町の秘境。だいたい人が多いのが嫌で「知らん人は来ていらん」スタンスです。今回は特別に週末営業。路地裏にのれんを提げてています。私が珈琲淹れます。お待ちしてますー

店内で未発表原稿読めます。

11/4(土)夜は文壇BAR。バーテンダーはP.8ことハチページが担当します。

コメント

このブログの人気の投稿

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018