神戸の「クール」とは?

昨夜、「078.jp」のパーティ、というか、応援イベントというか、みんなで何でも参加しようぜ!というイベントに行きました。

神戸ブランドは認知されているが、付加価値をつけるのがヘタ。
神戸ブランドにあぐらを組んでそれ以上の努力をしない。
自己満足レベル。
なので、神戸以外への訴求力が弱い。
わくわく感訴求あれば、行ってみよう、住んでみようという動機付けにつながる。
登壇者の発言はだいたいそういう趣旨でした。
まったくもってその通りです。僕も僕の役割を担おう。
僕の役割は「物語」を作る事だとあらためて思いました。
市長が具体的な政策案として話されていた、車道の一部歩道化という社会実験は、次作書小説の中で実現しています。新しい元町高架下商店街も、勝手に作っておきました。行政の政策もまずは想像の翼を広げることではないでようかね。みなさん、また飲みましょう。

動画公開中です。リンクはコチラ


コメント

このブログの人気の投稿

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

さすらいの下町文芸カフェ、やります。