発砲スチロール廃材アート@広島








セルジオ・カラトローニによる「欲望の塔ー絶対的な瞬間」
広島ダイヤモンドシティ内「FLAXUS」ショーケースプロジェクト

セルジオさんは東京大学で「musiumsology」を教えていたのですね。(この3/26に退任)
展示物とガラスを隔ててどう向き合うか?
今回はテーマに発砲スチロールの梱包資材を選び
内在する空間に意味を込めました。

セルジオさんはこのテーマで、今月のミラノサローネでもエキジビジョンをします。
広島がプレビューとなりました。

コメント

このブログの人気の投稿

さすらいの下町文芸カフェ、やります。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018