2013年4月1日月曜日

京都の宮川町で

昨日、京都で旅館に泊まったのですが、
朝起きたら同じふとんに舞妓ちゃんが寝ていました。
どうやって口説いたのか、まるで記憶がありません。
口説いたのか、口説かなかったのかも覚えていませんが、髪をおろした舞妓ちゃんは「せんせえ〜 おはよう」と言いながら長いあくびをしました。なかなか良い景色でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...