2016年12月6日火曜日

神戸の物語連作


神戸の話を書きました。文庫本で730ページ、2分冊になっています。第一話〜第三話が「さすらいのマイナンバー」、続く第四話〜第七話が「まぼろしのお好み焼きソース」です。阪神淡路大震災以降、悲しみも喜びも分かち合いながら生きてきた神戸の人たちの話。メインの舞台は長田区です。フィクションですが、実在の人物に思いをかさねてみてください。

モダン焼き、焼きそばを連続で表紙に描いた本ははじめてではないでしょうか(イラストはマメイケダ)。きっとお好み焼き屋へ行きたくなりますよ。ソースをいっぱい塗って食べてください。

1 件のコメント:

  1. 松宮先生、先日 焼肉のはまさかなどご一緒させてもらった者です。
    サイン頂いた2冊の連作完読致しました。
    あたたかいお話でしたのに、なぜか涙が止まりませんでした。今晩はマルヨネの豚バラでお好み焼きにします。ありがとうございました!

    返信削除

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...