2011年3月13日日曜日

地震の映像に涙が止まらない

テレビをつけっぱなしで見ている。

どの映像にも涙が止まらない。

家を津波で流されて

「生きているだけでもよかった」と息を切らせながら話すおばあちゃんに

神戸の経験を思い出してしまう。

ほんとに、生きていることが幸せ。

現場では、そんなことさえ思えないほどたいへんだけど、

大地震を振り返ってみて、強く思う。

命ある限り、精いっぱい生きよう、


助け合って、励まし合ってがんばってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...