地震の映像に涙が止まらない

テレビをつけっぱなしで見ている。

どの映像にも涙が止まらない。

家を津波で流されて

「生きているだけでもよかった」と息を切らせながら話すおばあちゃんに

神戸の経験を思い出してしまう。

ほんとに、生きていることが幸せ。

現場では、そんなことさえ思えないほどたいへんだけど、

大地震を振り返ってみて、強く思う。

命ある限り、精いっぱい生きよう、


助け合って、励まし合ってがんばってください。

コメント

このブログの人気の投稿

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

さすらいの下町文芸カフェ、やります。