2013年3月7日木曜日

「今まで読んだことのない小説」と言ってもらえる幸せ

福岡です。 よかとこです。 いつ来ても何か、気持ちがあたたかい。
天神の丸善ジュンク堂さんで「秘剣こいわらい」が積んでありました。 担当のYさんが「今まで読んだことのない話」と主張して50冊積み そしてクラフトワークのような手書きPOP。 メグルの棒も画用紙で工作。 「おお、いい感じ」「そうですか、えへ」 書店員さんの「今まで読んだことのない話」という評価はうれしい限り。 小説を書こうとしたきっかけが「読みたい物語がない」「じゃあ自分で書こう」 と言うことでありますので、共感者の登場には痛く感謝。 理想の読者に巡り会える幸福 何で書いているかといえば、まさにここ。 新しいスタイルの物語を見知らぬ読者が発見し、楽しんでもらえる。気分はほかほかあたたかい感じ=福岡的(?)
メグル、九州も走れ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...