2009年10月14日水曜日

+J とてもクール

+まぁ、ユニクロだろう、という予想はフィッティングルームで消滅した。着てみたカットソーのシルエットに一目ぼれ、もあるが、フィッティング前の光景が違うことに驚いた。

結構「イケてる=いかにもおしゃれな」女性たちが、姿見でシルエットを確かめている。試着しているのはTシャツ、あるいは綿シャツで今まではフィッティング不要のアイテム。その姿を見て、+Jのすごさを感じた。シルエットで買うユニクロの誕生。クールでかっこいい。僕もフードつきのカットソーを着て感激。色違いで買いたかったけれど「おひとりさま一枚限り」と、大人買いはできませんでしたね。メンズのロングコートはココ(新三郷店)にはなかった。場所でMDが違うのね。銀座か渋谷で見よう。

シルエットが美しい、しかもシンプルなアイテムを着こなすためには「ボディ」が大切。服が安くても、ジムやエステに金がかかるのかも、とか思いながら、姿見前の女性たちを見る。今の日本の消費動向と合致している。もちろん、普通のTシャツ他は充実。ユニクロにファンデーション市場は獲られたかも。真下に無印良品があるのだけれど、カットソーが安っぽく見えたのは、僕だけじゃないはず。平面裁断の服だから折りたたんで納品されるのだろうけれど、棚出しした商品に折ジワが残っている。これは無印ではずーっと続いているけど、今更ながら気になった。ユニクロが進化したのかもしれない。ルールなのかも知れない。



新三郷のユニクロ 「+J」の売場

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...