祇園の彼女


花見小路末広町西入る上がる。いい感じの路地でしょう。
その奥。夏目漱石の「こころ」にも出てくる小径

花見小路も人はまばら。そんな時代に、スナックを開店。
勇気ある女性。みきさん。
毎日でも行きたいけれど、
祇園に通う甲斐性か・・おきばりやす。

コメント

このブログの人気の投稿

さすらいの下町文芸カフェ、やります。

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018