2009年10月15日木曜日

究極のコーヒー飴、自作?



丸福でコーヒーを頼むと「深煎りですが、よろしいですか?」と確認される。
「はい」と言って出てきたものは、
ブラックコーヒー派としても、かなり苦い。ヘビーだ。
そこで、あまりやらないが、砂糖とフレッシュを入れてみる
(ここはミルクをフレッシュ=関西風、と呼ぶ。
ちなみに昭和9年にできた大阪千日前の第一号店、とってもいいですよ!)これも深い。
フレッシュ+砂糖入りのコーヒーとしては最高じゃないの?? 
カフェ・オーレじゃない。フレッシュ+砂糖入りコーヒー。しかも絶品。

とはいえ、はやりブラックコーヒーを飲みたい、と言う方には (僕のように)
丸福コーヒー絶妙の楽しみ方を伝授。
角砂糖をスプーンに載せ、コーヒーをすくって砂糖を溶かす。
フレッシュをたらしてもいい。
コーヒーはブラックのままでいただく。
スプーンの上で絶妙のコーヒー飴が出来ているので、ときどきなめる。
ストロングで深煎りならではの深み。とってもおいしい。


お持ち帰り用、瓶詰めコーヒー。ミルクパンで暖めて飲む。


0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...