2013年7月11日木曜日

「くすぶり亦蔵:秘剣こいわらい」講談社文庫

発売となりました。
ニューヨークにいる友人達に捧げます。

サムライ亦蔵は生きる意味を求めてアメリカへ行きます。
ワシントンの政治家、ニューヨークの警察、マフィア・・こどもの頃から読み続けた探偵小説、テレビドラマの思い出が重なり重なり、ここに出現しました。
20歳のメグルを用心簿に仕立てたのは僕の妄想のなせるワザですが、解説の香山二三郎さんが、剣劇小説生誕100年を記念するヒロイン登場、と書いていただいたのには感激ひとしお。
書いていて、読み返して、ホント面白い。よくこんなの書いたものです。

よろしゅう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...