Bleeker Street @West Village NY

ブリーカーストリートが変貌している







West Village
ハドソンストリートと並行するブリーカーストリートに、ブランドショップがいくつもできている。ジューシークチュール、マークジェイコブス、RRL、RUHEL、James Perch・・「ブランド群があるのは、ま、洒落だよ。それに、住民としてのルールは守ってもらう」「それなら、是非参加したい」って感じ。どの店も小型で、街と溶け合っている。元倉庫街のSOHOがブランドショップに占領され、プライベートな感覚が消失したことを、誰もが知っている。倉庫街が再生してクールな街になる、なんぞとは、もともとコンセプトが違う。今でも、ここを住処に選ぶ人は芯からおしゃれな人達。ボヘミアンでいて、ジェントルマン。人生で何が大切かを知っている。むやみな開発は未来永劫あり得ない。
アバクロはRUHEL事業の撤退を発表したけど、ここのごく小さな店だけは守っていきそうな気がする。

超ホットなレストランエリア「Meatpacking」とは隣町。熱い息吹が欲しければそっちへ、静かで上質の街が好きならここでとどまろう。

コメント

このブログの人気の投稿

さすらいの下町文芸カフェ、やります。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018