夕陽のリバー・カフェ

ロンドンの西側、テムズ川縁にあるリバー・カフェ。かつての倉庫街は今、川沿いのリバーウォークも長く伸びて豊かな水辺の場所に変身している。「リバーカフェ」はロジャース卿の奥方がシェフを務める、イタリアンレストラン。とにかく、世界有数のクオリティ。食材、想像力、環境、気分・・ベスト&ベスト。








































ミルクがにじむモッツァレーラと野趣あふれるブルスケッタ。イタリアン&想像力と好奇心が詰まったスパイスのボンゴレスープ。大ヒラメの炭火焼き。エンドウとパルメジャーノのリゾット。野いちごと溶けるパンナコッタ。焦がし砂糖のバニラアイス。


5階建ての建築事務所と並んで、テムズ川沿いに佇む。

午後八時の光、まだまだ陽は落ちない。

コメント

このブログの人気の投稿

世界のパワーバランスがおかしくなる中、音楽は今から本当に必要とされる時期に入る。

神戸ユース・ジャズ・オーケストラ定期演奏会2018

さすらいの下町文芸カフェ、やります。