2009年7月6日月曜日

仙台

仙台メディアテークの向かい、ケヤキの大木の木漏れ日をひっそりと受け、気持ちよさそうに佇むインテリアブティック。400年続くうるし職人の家系に生まれたデザイナー木村浩一郎さん(レスラーとは同姓同名)の、個性あふれる逸品+選ばれた小物。














ドバイへも輸出されたクリスタル付きカップ&ソーサ。液体が入るときらきら光る。











スワロフスキーの「煙突」付、携帯灰皿。パーティー仕様。オードリーヘップパーンのキセルのように親指と人差し指の先で摘むとおしゃれ。僕は煙草を吸わないからiPod入れよう。いや、SUICAだ。改札でペタ、ぺた。











「伝統的でない」うるし塗りの小物入れ +プリザーブドフラワー










来月も行きます〜

0 件のコメント:

コメントを投稿

刀剣女子へ

小説「秘剣こいわらい」 主人公メグルの持っている棒は、鴨川の土手で拾った「流木」、かと思いきや、実は500年前からそこに落ちていた桜の古木と判明。長さ40センチ。脇差の長さです。メグルは選ばれた剣士。棒を持てば無敵。川又新三は賀茂河原に住みながら、剣術の稽古をする。真剣を使...